キッズ

安いと噂の引越し業者に依頼して費用を抑えよう

段ボール箱

転居をスムーズにする

引越の見積りシミュレーション手続きは、業者のホームページで行うことができます。また、作業日は日曜や祝日よりも平日のほうが、混み合わず比較的空いているので予約も取りやすく、料金も割安に設定されているのです。

ソファーとダンボール

仕組みを知って

引っ越しは通常、人生の中で繰り返し行うものでもなく、全体像をつかんでから依頼することは難しいものです。しかし、今ではインターネットが発達していることもあり、引っ越し一括見積もりといったサイトがあることから、これを利用することで見積もり比較や引っ越し業者との交渉がしやすくなっています。

家電

大きい家具や家電の運搬

引越しで運搬する家電で大きいのが冷蔵庫です。運んでもらう場合は、中身を空にしてから運搬をしてもらいます。冷凍食品がある場合には、クール便などで新居に送ってもらうことです。電源を抜くと霜が水になり溶け出すので運搬前にタオルで拭いておきます。

業者の選び方とは

レディ

価格か信頼か

引越しをするときに、業者に依頼せずすべて家族で完結させるという人はごくわずかです。たいていの人はどこかの引越し業者に依頼して行います。とはいえ、引越し業者を選ぶにはどのようなポイントを抑えるべきか知らない人も少なくありません。経験が豊富な人ばかりではなく、時期によって優先順位も変わってくるためです。多くの人は安い業者に依頼したいと考えますが、安い業者で決める前に相場を知っておかねばなりません。相場を知るには、複数の業者に見積もりを依頼することである程度知ることができます。複数見積もりは、値段をより安くしてもらうためにも重要です。選ぶときのポイントとしては、大手か中小企業か、希望する日にちや時間帯に利用できるか、破損や紛失に備えた保証はあるか、スタッフはプロか、営業マンの雰囲気はよいか、プランは適切なものがあるかなどがあります。これらのポイントは、日にち以外は信頼できるかということです。三月などの繁忙期は、どこも忙しいため、安いかどうかよりも日にちが重要となりますが、それ以外の時期ならばある程度条件を考えて選ぶことができます。近場であったり、荷物が少なかったりする場合は安いかどうかのみで選ぶのもよいでしょう。しかし、長距離だったり、家族の引っ越しで荷物が多い場合はある程度信頼できる引越し業者に依頼する方が確実です。特に、万一のときの保証がきちんとしているかどうかはチェックしましょう。営業マンのセールストークが見積もりに反映されているかもチェックポイントです。